関しょう太 ミニチュアシュナウザー

2008年03月13日16:23

ミニチュアシュナウザー – しょう太 ♀ 10ヶ月

来客に吠える、ドアホン、電話の音に吠え続ける、散歩で引っ張る・・・

しょう太の問題

・来客に激しく吠える
・散歩で引っ張る
・他の犬に吠える


しょう太へ - Doggy Laboよりコメント -

お客さんに元気良く吠えるしょう太は、もちろん私が伺ったときも、良く吠えてくれました。

少し落ち着いてからケージから出てきたときは、怖かったのかなかなか私に近づいてくれませんでしたが、おやつを一つ二つ与えると、友達?になってくれた様子でした。

飼い主さんは、1才を過ぎてしまっているしょう太の吠え癖を、しょう太のストレス軽減のためにも直したいと考え、訓練士をさがしていたそうですが「1才以上は難しい」「ミニチュアシュナウザーの吠え癖は容易に直せない」、特殊な首輪を使わなくては直せない、部屋の模様替えをしなくてはダメ、などと言われてしまったのだそうです。

それを聞いて、シュナの汚名?返上!と関さんと一緒にがんばる決意をした中西、さてその結果は!?


しょう太は徐々によい子になっているようです

しょう太の3rdレッスンから一週間が経ちました。
見違えるように・・・とはいきませんが、しょう太は徐々によい子になっているようです。まず、来客時でも外出先でも私の「ダメ」には※カンを使うことなく従うようになりました。(幸い今週は犬好きの友人の出入りが多かったため、練習もしやすかったのです)

以前はチャイムの音や宅急便業者の声(まれに大きな声で「宅急便で~す」と叫ぶ人、いますよね。チャイムがあるにもかかわらず・・・)には吠えていたのが、それは全くなくなりました。また、実際玄関で対応しているときには吠え続けていたのですが、それも無くなりました。時々「わん!わ・・・ん」みたいのはありますけどね。もちろんきちんと叱っていますが、この位なら許容範囲です。

近くのペットショップでもきちんとオスワリして待つことが出来ました。先日はそこにいたミニチュアピンシャーに襲撃を受けたのですが、我慢できました。お店の人にも撫でてもらっていました(嫌そうでしたけど・・・)

お蔭様で私自身もチャイムが鳴ったり、道ばたで知人に声をかけられたりすることが苦ではなくなり、また一生懸命コマンドに従うしょう太がますます可愛くなりました。主人の言うことにも従っているようです。微妙な「間」が私から見ると面白いのですが・・・(笑)

こんな短期間でこれほどの成果が見られるとは思ってもいませんでした。ドッグスクールだと、最低半年、とか書いてあるじゃないですか!ミニチュアシュナウザーのオスはなかなか直らない、とか…(笑)中西さんは凄いです!

完全に尊敬され、言うこと楽しく聞いてもらうところまではまだまだ先なのでしばらく15箇条や、ウォーキング訓練を続けます。(最近はベビーカーと一緒に歩く訓練を始めています)ただ、最近はよい子になってきたのでおもちゃを一個だけ2Fに置いてあげました。遊ぶのも終わるのも、もちろんこちらのコマンド次第です。それくらいは大丈夫ですよね?しばらく経ったら、しょう太の成長具合を是非見に来てください。そして、そのうちロック君、コタロー君、アクセル君にも会わせてください。

※「カン」について詳しく知りたい方は、同じくお客様の声のモネのページを参考にしてみて下さい。(使い方により、効果には個体差が出てしまいますので、ご注意下さい)

その後、しょう太がトリミングに行った時の様子もお知らせくださいました。嬉しかったので載せさせていただきます。

さて、しょう太の様子ですが上記のように、本日初めての場所での、初めてのトリマーさんとの対面では、吠えまくっていた以前とは比べようがないほど、おとなしく待つことが出来ました。

でも、私が「この辺を短くして・・・」と触った後に、トリマーさんが触ると思い出したように吠えたりしました。ダメ、の一喝で吠えなくなったので、まずは一安心でしたが。

そこの美容室はとても良心的で、遅くなったということで送迎してくれたのですが、その時にも家に入ってから一度吠えましたが、叱ると一発で収まり美容室の人に「言うことを良く聞きますね~」と感心されました。

また、そこの美容室は報告書のようなものを書いてくれて、その日の様子やシャンプーの内容などを教えてくれるのですがコメント欄にも、「怖くて落ち着かない様子でしたが、ちゃんと話を聞いてくれるとても良い子です」と書いてありとても嬉しかったです。

続いてこのようなメールもいただきました。バリカン負けを診てもらいに病院にいったそうなのですが、そういえば・・・前に病院で大暴れ(^_^;;したしょう太の様子を報告いただいたことがありました。そのメールもご紹介させていただきます。

前にご報告したときはとにかく威嚇しまくりの、吠えまくりの、先生にも驚かれた感じでしたが、なんと今回は吠えはしたものの、やはり「だめ!」で聞き低い声で唸るにとどまりましたし、触られても我慢してくれました。(ちょっぴり自身が無くてカンを持参したんですけどね・・・何とか使わずに済みました)先生も良くなった、と褒めてくださり、もっと良くなる、とお墨付きまでいただきました。
以前いただいていたメールです・・・

ただ、今日の診察ではもの凄い暴れようでさすがに先生にも閉口されてしまいました。以前は知らない人の部屋に入るのが嫌いでなかなか入ろうとしなかったのが今日はすんなり入り、オスワリして待っていたものの診察が始まったとたん吠えまくり、先生からも誰かに付けた方が良いよ、と言われてしまいました。

飼い主さんに喜んでいただけるのはもちろん、第三者の立場の方、特に獣医さん、トリマーさんなどのプロの方から誉められる子になってくれるのは、本当に嬉しいことです。子育てで大変な時期なのに、がんばってくださった関さんご夫妻に感謝しています。そして何よりも、しょう太のストレスがグンと減ったのではないかと思うと、この仕事をしていて一番の幸せを感じるのです。


なかよし♪


初恋の相手(*^_^*)

コメントは受け付けていません。