犬の訓練士見習い日記

1999年8月から、家庭犬訓練所の養成学校に入りました。「ヘンリー人を癒す」(山本央子著)を読んで、愛犬(故)ロック(ミニチュアシュナウザー)をセラピー犬にしよう!と、今思えばとんだカンチガイをしたことがきっかけでした。

カンチガイというのは、ロックの性格を考えると、彼にとってセラピー犬の仕事は苦痛になっただろう、と思うからです。犬に関する知識が増えた今、彼には向いていなかったと、自信を持って判断してあげられるからです。

訓練所では、強制訓練が行われていました。強制訓練というのは、犬を叩いたり蹴ったりして、トレーニングする方法でした。今では、そういったトレーニング方法に対して大きな疑問を持っています。全面否定をするつもりはないのですが、その必要性はきわめて低いと考えています。

しかしながら、犬と真剣に向き合ってきた時間は、ムダではなかったと思います。所長から常に言われていたことは「犬と会話しろ」でした。それは今でも、私が犬と向き合い、トレーニングするときに一番大事に、心がけていることです。

あれから12年の月日が経とうとしていますが、私は犬たちと上手に会話ができるようになったのでしょうか?

訓練所に通っていたころの日記を見つけました。読み返してみると、 今でも心にひびくことが書いてありますので、綴ってみることにしました。

Doggy Labo 中西


99/08/05
99/08/15
99/08/16-21
99/08/23-25
99/08/26-28
99/08/30-31

99/09/02-04
99/09/07-09
99/09/11-13
99/09/14-18
99/09/20-21
99/09/22-27
99/09/29-30

99/10/02-04
99/10/06-07
99/10/09-12
99/10/13-14
99/10/16-19
99/10/20
99/10/21-23
99/10/26-28
99/10/30

99/11/02-04
99/11/06-09
99/11/10
99/11/11-13
99/11/15-18
99/11/22-25
99/11/27-29

99/12/06-13
99/12/14-21
99/12/22-28

00/01/13-19
00/01/20-24

00/02/10-29

00/03/02-28

00/04/12-26

00/05/09-11
00/05/15-18

00/06/05-20

00/08/24

01/02/03-18
01/02/19-22
01/02/26-28

01/03/01
01/03/03-07
01/03/10-12
01/03/14-17
01/03/18-22
01/03/24-28

01/04/04-07
01/04/09-26

 

 

コメントは受け付けていません。